工場換気扇・屋上換気扇・ルーフファン|株式会社 鎌倉製作所

サポート情報

気化放熱式涼風装置   ルーフファン

ルーフファンのメンテナンスについて

屋根の上だから見落としがちですが

ルーフファンはメンテナンスをすれば長く使えます。
こんな時代だから清掃をして長く使いましょう。

写真イメージ

保守を怠れば、こんなことも・・・。

消費電力が増大し風量が低下 下記の表は静圧ごとの風量と消費電力の関係です。

表組

上記表より 塵埃の付着、シャッターの動作不良、フィルタや防虫網の目詰まり等が発生した場合保護装置が働かなくても、消費電力18%増 風量34%減となります。
メンテナンスをすることは有効な節電対策の一つになります。
作業環境の悪化

保護装置などが働き停止したルーフファンがあった場合に、すぐ近くのルーフファン等が排気している場所では停止中のルーフファンが給気口となってしまい、ごく狭い範囲でしか風が動かないショートサーキット現象が発生します。
そのため正常に動いているルーフファンにも悪影響を及ぼし換気の効果低下につながります。

発火の恐れ モータ外面に塵埃が多量に付着するとモータからの放熱が妨げられてモータの冷却効率が著しく低下し焼損、まれに発火するおそれがあります。
油煙や埃等により生産品への悪影響

ルーフファンに付着した埃や油の落下は生産品への悪影響を及ぼすことにもつながります。

動かなくなったルーフファンは、ボディがしっかりしていればファンモータユニットやシャッター類等、部品での交換が可能です。現場調査の上最適な交換方法を提案させていただきます。

保守点検サービスのご案内

  • 鎌倉製作所では、ご購入後も安心して製品をご利用いただくために「保守点検サービス」をご用意しております。
  • 定期的にメンテナンスを行うことは、不具合箇所の早期発見につながり、経費削減に大変効果的です。
  • メンテナンスサービスをご希望のお客様は、下記メールフォームよりお問い合わせいただくか、ご購入先、またはお近くの営業所へお問い合わせください。

メンテナンスに関するお問い合わせ

 


このページのトップへ

お問い合わせはこちら

製品に関するご質問や見積依頼などお気軽にお問い合わせください。